コラム

普段のお手入れ方法

普段から桐たんすをお使いの方も、倉庫に眠っていた桐たんすを修理に出してお使いの方も、日々のお手入れをきちんとしておくことが、桐たんすを長持ちさせるコツです。

1.設置は平らなところにする
良い桐たんすは、作られてから年数がたってもピッタリと引き出しと本体が収まるようになっています。ただ、傾いて設置すると、引き出しの開け閉めに支障が出てしまうので、平らな場所に設置するようにしましょう。

2.水拭きはしない
水拭きすると、タンスの表面のカビの原因になってしまいます。また、強くこすると表面の塗装が落ちてしまうこともあります。
桐たんすのお手入れは乾いた柔らかい布などでホコリを払う程度で大丈夫です。

3.油単を掛ける
油単は桐たんす用のカバーです。特に季節もののお洋服や、きものなどを閉まっているタンスは、普段あまり開け閉めしないものです。 日焼けなどを防ぐためにも、油単をご利用ください。

4.湿ったものを入れない
洗濯物などを入れるときは、しっかりと乾かしてから入れるようにしましょう。内部でカビが生えたり、ノミなどの繁殖の温床になってしまう恐れがあります。

しかし、長い年月を経れば色あせたり、接合部が緩んだりすることはありますので、その際は早めに当サイトにご連絡ください。

0800-805-7847

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7847

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

私たちが24時間365日サポートいたします

0800-805-7847

24時間365日、日本全国受付対応中
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。