コラム

桐たんすのグレードを左右する厚み

高機能であり、高価な家具としても知られる桐たんすですが、やはり桐たんすにもピンからキリまであります。桐の原産地やたんすの大きさなどによってもその値段は変化しますが、厚さによっても変化するということをご存知でしょうか。基本的には、桐たんすの厚さが厚いほど高額になります。具体的には、どのような厚さのものが取り揃えられているのか見てみましょう。

・並厚・・・厚さは2cmほど。普及しているものの中では、最も薄いものです。昔はこの厚さが普通だったため、古い桐たんすはこの並厚が多いようです。
・胴厚・・・厚さは2.7cmほど。現在の平均的なモデルで、費用と機能のバランスが良いです。
・胴丸・・・厚さは4cmほど。最も厚く、どっしりとした重量感が特徴です。厚みがあるため湿気の吸収量も多く、削りだしなどがしやすいため桐たんすの修理がしやすいというメリットもあります。
・大丸・・・厚さは4cmほど。全ての板の面が丸く加工されている最高級品で、なかなか目にすることはありません。

基本的には、桐たんすの板の厚さはこの四種類となっています。厚いものほど機能性に優れ、さらに桐たんす修理を何度も行う事ができますので、長い目で見れば高級品の桐たんすをご購入されるのもよろしいでしょう。

0800-805-7847

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7847

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

私たちが24時間365日サポートいたします

0800-805-7847

24時間365日、日本全国受付対応中
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。