コラム

桐たんすの歴史

現代のたんすと言うと、デザインや素材が様々ありますが、一般的には一人ではちょっと運べないくらいの背の高さと横幅があるものが多いです。一方、江戸時代に開発され、広まっていた桐たんすは引き出しが3段ほどしかなく小さめで、側面には持ち運び用の金具がついているのが多く作られました。なぜそのような形になっているのでしょう。そもそも、桐たんすの歴史自体は浅く江戸時代後期から、明治時代に一般に広まっていきました。西洋から入ってきた、家具というものにたんすも含まれていて、それが日本の暮らしに合わせてこのような形になったようです。江戸時代には、風呂敷や行李が収納の方法であり、それらは持ち運べることを前提にされていました。一つには火事や水害などの災害の時に、すぐ持ち出せるようにという理由があります。そして普段の暮らしでも、食べる・寝ることが一つの部屋で行われるという暮らしの中では、それらの用品を常に出し入れしなければなりません。元々持ち物の少ない江戸庶民ですので、大きなたんすは必要なく、女手一つで手軽に持ち運べるという事が重要だったのです。そこで、西洋のように硬くて頑丈な木材を使用するのとは逆に、柔らかくて軽い桐が用いられるようになりました。嫁入り道具として桐たんすが受け継がれてきたのには、もともと女性目線で作られたものという歴史があったからと言えますね。古くなった桐たんすも、修理によってきれいにすることができます。お持ちの桐たんすがあれば、依頼してみてはいかがでしょう。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
0800-805-7847

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7847

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

私たちが24時間365日サポートいたします

0800-805-7847

24時間365日、日本全国受付対応中
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。