桐たんすの歴史 | 桐箪笥の修理が95000円~&無料お見積り|桐たんす修理110番

コラム

桐たんすの歴史

桐たんすが日本で利用されるようになったのは江戸時代後半~明治時代始め頃です。この時期の日本には西洋文化が取り入れられ、「家具」を使う家庭が増えていきました。西洋文化が日本に来たことで初めて「家具」の文化が誕生したのです。それまでは風呂敷などを使っていて、テーブルなどの家具もなかったのです。家具の文化ができた後、日本作られた桐たんすは「動かせる」ことを目的に作られました。その頃の日本の生活はご飯を食べ、本を読んだり、眠りについたりと一連の流れを1つの部屋で過ごしていました。そのため、ごはんを食べる時には使う、寝るときには片付けるというように風呂敷や箱膳のような持ち運びができるものを作っていたのです。そして、これを目的とし作られたたんすは軽くなくてはなりませんでした。持ち運びを簡単にできるものとして軽い材質の桐が選ばれ、桐たんすが出来上がったのです。今では婚礼たんすとしても利用されており、高級たんすとして多くの人に愛されています。桐たんすは購入後、何十年も利用される方が多いので、桐たんす修理業者も居るほどです。家にある桐たんすの調子が悪い時、捨てたり、放って置いたりせず、一度修理に出してみるのもいいと思います。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
0800-805-7847

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7847

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

私たちが24時間365日サポートいたします

0800-805-7847

24時間365日、日本全国受付対応中
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。