コラム

桐材の性質と特徴

桐は、材質が均一で、家具に使われる材料の中で、ゆがみや変形等の少ない材質であるため、狂いが少なく長期間にわたり形状を崩しません。また、特有の軽量さもあり、現代生活においても配置換えや引越しの移動等に、また狭い間取りにおいても大変利便性に優れています。そして、桐材には、タンニンが含まれているため害虫を寄せ付けにくい特長があります。品質の高い桐たんすは、常に、たんす全体が呼吸しているので内部は一定の湿度に保たれており、湿った外気には膨張して外からの湿気を防ぎ反対に空気が乾燥すると湿気を発散し収縮します。湿度に敏感に反応するため気密性に優れ、たんす内部の湿度を一定に保つことにより、衣類を長期間に渡り保護します。また、火に強く、かつ水にも強い為、火災の場合でも安全といわれており、 桐材自体は、比較的燃えやすいのですが、たんすのように箱の状態になると気密性が高まり、外側が燃えても中まで火が入らず収納物が助かったという話は、新聞等でも時々記事になることがあります。ただし、質の高い桐たんすに限られています。防湿性の観点から見ても、収納物を湿気によるカビや虫喰いから保護する事において、桐は透湿性が高く、通気性も優れているため、日本特有の高温多湿の気候風土には最も適しています。このように、桐材には様々な特徴や長所があり、また家具としての魅力も兼ね備えています。桐たんすの修理をご検討されているのであれば「桐たんす修理110番」に、ご相談ください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
0800-805-7847

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7847

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

私たちが24時間365日サポートいたします

0800-805-7847

24時間365日、日本全国受付対応中
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。