コラム

桐箪笥の注意点

桐箪笥を長く使うためにはどうしたらいいか、注意することはなにかを知っていると、大事に長く使うことが出来ます。桐箪笥には置き方も大事で、必ず水平な場所においてください。長年使うものですから、水平でない場所で使っていると、扉の開閉や引き出しの出し入れをスムーズに行うことが出来なくなってきます。その結果箪笥が歪んだり壊れたりする原因になってしまうのです。特に和室に置く時は注意が必要で、直射日光や扇風機の風が直接当たらないようにしなければいけません。桐箪笥というものは呼吸をしているので、箪笥の後ろも風が流れるように、5cmほど離して設置したほうがよいのです。桐たんすの上に物を置くと、地震などの際に物が落ちてきて怪我をする事があるので、出来るだけ物はおかないようにしましょう。冬場のストーブなどの熱なども箪笥が変形してしまう場合があるので注意が必要です。他には中にはいって遊んだり、力を加えるような事は避けたほうがいいでしょう。濡れた手で触れるのもシミや変色の原因になってしまいます。もし箪笥の中に虫を発見した場合は、虫害が拡大してしまう前に業者になんとかしてもらいましょう。どれだけ気をつけていても、長年使っていれば何らかの不具合が出てきてしまうものです。下手に自分で直そうとすると怪我をしてしまったり、余計に酷い事になってしまう事もあるので、修理業者にしっかりと診てもらうのが得策です。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
0800-805-7847

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7847

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

私たちが24時間365日サポートいたします

0800-805-7847

24時間365日、日本全国受付対応中
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。